Luna Route

《Luna Rote-ルナルート-》美しく健やかな肌を育むための第一歩!血流で肌トラブル改善へ

朝起きるのがだるい、夜は眠れずイライラする、体は冷え、生理になれば痛いなど、病気とまでは行かないけれど、なんだかスッキリしない・・・そんな状態にしてしまう、血行不良。

血行不良を放っておくと乾燥やニキビで肌がボロボロになってしまうことも・・・

毎日を笑顔で過ごすために、体の土台となる”血流”を整えましょう。

なぜ血流は悪くなってしまうのか?

まず、あなたの血流はどうして悪くなるのかをチェックしてみましょう!

① 血が作れない
② 血がたりない
③ 血が流れない

この3つの原因は1から3の順番で起こります。まず、血を作ることができないため血が足りなくなり、足りなくなるために血が流れなくなります。

① 血がつくれないひとは疲れやすく、やる気が出ない

血が作れない体質を漢方では『気虚』といいます。
血が作れなくなってしまう理由は胃腸にあります。
胃腸が弱ってしまうと、栄養を十分に吸収できなくなってしまいます。私たちは食べることで血液を作るので、胃腸が正常に働いていないということはその原料が入ってこないということになります。
肌に栄養が行き渡らず、カサカサな元気のない肌に。

『気虚体質チェック』
・疲れやすい
・風邪を引きやすい
・足がむくみやすい
・トイレが近い
・よく息切れする
・軟便、下痢がある
・冷え症
・声が小さい
・胃もたれしやすい
・満腹まで食べる
・新陳代謝が悪い
・朝食が欲しくない
・やる気が出ない
・決めたことが続けられない、すぐあきらめてしまう

引用元:堀江昭佳『血流がすべて解決する』サンマーク出版, 2016年, p.56

4つ以上当てはまると『気虚体質』です。
胃腸の弱まりは血だけでなくエネルギーも作れないので、疲れやすくなります。

② 血が足りないひとは、婦人科系トラブルが多い

血が不足している状況を、漢方では「血虚」といいます。
「気虚」が改善され、血が作れるようになると自然と血は増えていきます。
女性は生理という形で毎月の血液を失っており、不足状態になりやすいため、積極的に血の原料をとる必要があります。
「血虚」の方は、血が不足しているために、婦人科系のトラブルを持っている方が多いのも特徴です。ホルモンバランスが乱れると、皮脂の量が増え、顔が脂っぽくなったり、毛穴がつまりやすくなったりして、肌トラブルに繋がります。

『血虚体質チェック』
・動悸がする
・爪が薄い、割れやすい
・物忘れが多い
・顔色が白い、ツヤがない
、カサカサ
・生理不順
・抜け毛、白髪が多い
・貧血、立ちくらみがある
・かすみ目、疲れ目
・手足のしびれ、筋肉の痙攣がある
・眠れない、熟睡できない
・耳鳴りがある
・不安になりやすい
・自分に自信がもてない

引用元:堀江昭佳『血流がすべて解決する』サンマーク出版, 2016年, p.64-65

2つ以上で当てはまると「血虚体質傾向」、4つ以上で「血虚体質」になります。
「子宮は血の海」というように、血で満たされていないと子宮・卵巣系は非常に弱ってしまいます。

血が流れないひとはストレスに弱くイライラしがち

全身のめぐりが悪くなっている状態を、漢方では『気滞 瘀血』といいます。
『気滞 瘀血』を改善することで血が作られ、血が増えてくると、それだけで血流は良くなります。
しかし、ストレスの影響がある時は、血を増やしても血流が良くならない場合もあります。
毒素がうまく排泄されず、ニキビや肌荒れを起こすことも。

『気滞 瘀血体質チェック』
・口の中に苦い味がする
・下痢と便秘を繰り返す
・偏頭痛がよく起きる
・のどにものがつかえた感じがする
・生理前にお腹や胸が張る
・ため息をよく付く
・シミ、そばかすが多い
・慢性的な肩こりや頭痛がある
・生理痛がひどい、塊がある
・顔や唇の色が暗い
・足の静脈瘤が目立つ
・ストレスに弱いと感じる
・イライラしやすい
・自分のコントロールができない

引用元:堀江昭佳『血流がすべて解決する』サンマーク出版, 2016年, p.69-70

一般的に『血流が悪い』と言われる症状が出ます。
血流が不足しているために低血圧のひとが多いです。
人によりストレスの感じ方は違いますが、血流がよくなることで幸せホルモンが増え、ストレスを緩和することができます。

血流を良くし、体質改善するには、まず胃腸の調子を整えることが大切です。
血を作れないと、血を体中に流すことができません。
満腹になるまで食べない、空腹になる時間を作るなど意識し胃腸を整えましょう。
朝起きたらお腹が空いているという状態になることが目標です。

そして、夜にしっかり寝ること
血液は寝ている間に作られます。寝ている間に夢を見ない、朝スッキリ起きられることが目標です。

血が流れない気滞 瘀血体質は、血を作ること・増やすことができれは徐々に改善していきます。
それでもストレスや筋力の低下により、流れが改善しない場合もあります。
そういったときには、リラックスする時間を設け、マッサージやストレッチをしてみましょう。

血をつくる・増やすことはすぐに出来ることでは有りませんが、血流で女性の悩みの大半が改善します。マッサージやストレッチを取り入れながら、根気強く取り組んでみてはいかがでしょうか?

体の末端である足指をときほぐし、全身に血液を巡らせる子宮温活オプション
子宮にも血液を巡らせ、ホルモンバランスを整え、健やかな肌に導きます。

血流がよくなることで、体温や基礎代謝が上がれば消費カロリーが増えます♪
さらに免疫力が強化され、病気の予防にも…

どんな薬にも勝る特効薬になるかもしれません。

冷えだけでなく、様々な未病を改善する血流
体の土台となる血流を整えて、毎日を気持ちよく笑顔で過ごしましょう!

YUI

セラヴィスト歴6年

関連記事一覧