Organic Column

「巷の無添加・オーガニック商品」の曖昧なルール

オーガニック化粧品が増えた理由

エコ意識の浸透と敏感肌の増加などから、化学物質をできるだけ使わず、自然にも肌にも優しい化粧品を求める人が増えている。アトピーや敏感肌、乾燥など肌の悩みを抱える人が増えていることがその理由だといわれている。 その中で、自然派・オーガニック化粧品市場は年々増加し、インターネット中心だった販売も実店舗が増えてきた。 一方で、自然派・オーガニック化粧品の定義が曖昧なため、消費者の選択を難しくしている。

曖昧なルール

定義がない自然派化粧品・オーガニック化粧品は、消費者からすると選びにくい。日本の農作物には、農林水産省が設定した、有機食品の検査認証制度「有機JASマーク」があるが、化粧品にはまだ認証は存在しないのが現状である。 日本でオーガニック化粧品を見分けるには、成分表示をよく読み、植物由来の原料が使われているかどうか自身で判断しなくてはならない。

<オーガニックかどうか判断すべきポイント>
肌を整えるための整肌成分
クリームや乳液などのベースとなる油剤
植物エキスを抽出するための溶剤クリーム、乳液類などを滑らかにする乳化剤
洗顔料やクレンジング、シャンプーなど肌や髪を洗う洗浄成分
化粧品の保存期間を高める防腐剤
メーク用品など色を付ける色素
化粧品の香りを整える香料

本物のオーガニック化粧品の選び方

本物を見分ける一つ目の基準は「価格」
環境に配慮した土壌から植物を育てるオーガニック化粧品は大量生産できず、人の手が多く関わっているため値段も決して安くない。そのため、作り手の哲学が感じられるブランドが良い。 本物を見分ける二つ目の基準は「認証」
初めてオーガニック化粧品を使う場合、価格だけを基準にすると、相場がわからなかったり、ブランドによって価格は異なるので困難である。そんなときは、海外の第三者認証は信頼できるので判断基準になる。

エコサート ECOCERT について

エコサート(ECOCERT)は1991年に設立された、フランスのトゥールーズを本部と する国際有機認証機関のことです。現在では世界各地に23の支社を置き、80ヶ国以上にて農産物をはじめ、加工食品、畜産物、化粧品、コットン、その他様々な有機認証を提供しています。エコサート認証された企業は、国際的な有名企業が名を連ねており、一般消費者や業界、政府関係者まで多くの信頼を得ていると言われています。 オーガニックコスメに関する基準は国や地域によって様々でしたが、品質を維持するために、エコサートを含む欧州5ヶ国の認証団体が合同でオーガニックコスメに関する統一基準「COSMOS」を策定。世界でも厳しい審査水準を持つECOCERTコスメ認証が基準となっています。 エコサートのオーガニックコスメの認証基準は大変厳しく、オーガニック原料は、 土づくりから管理される厳しい基準をクリアしたオーガニック認証原料でなくてはならないほか、 製造工程や容器においても、リサイクルや地球環境への配慮等、細部に至るまで厳しくチェックされ、 認定後も一年に一度の年次検査もおこなわれています。

BELLE BIO MARCHE<ベルビオマルシェ>オススメのブランド

ila <イラ>

ila(イラ)は、こだわりの製品作りや、それらの製品を使用した深いリラクゼーションをもたらすオリジナルトリートメントが世界中の五つ星ホテルや高級スパに認められ、最高級のスパに導入されているイギリス発の名門スパ・ブランドです。
植物のもつエネルギーや自然治癒力に着目し、化学物質を一切排除して100%自然由来の成分のみから作られています。資格を持つ看護師であり、自然治癒療法の研究者であるデニス・レスターによって2007年に設立されました。

ブランド説明はこちら

LCbio <エルシービオ>

エルシービオは、フランスの老舗化粧品メーカーに長年従事している科学者たちが20年以上の研究を経て、花、野菜、果物などのスーパーベジタブルが持つパワフルな効果に着目、開発した画期的なオーガニックコスメ。肌にもベジファーストを提唱し、ホリスティックなアプローチを叶えるスキンケアアイテムをメインに展開しています。商品の発明・研究・調整から販売までを自社工場及び研究所で厳正に管理、サステイナブルかつエコロジーな商品を提供するSDGsに貢献するブランドです。

ブランド説明はこちら

“ベルビオマルシェはオーガニック初心者の方でも安心できるよう厳選された商品のみを取り扱っています”

SAIKA

駆け出しベルヴィスト

関連記事一覧