Organic Column

今こそセルフメディケーション 

アロマテラピーの活用法

コロナの影響で医療現場が崩壊しつつある中、「今までちょっとした事で病院にかかっていたけど、、今は病院に行く事が怖くなった」とアロマテラピーを始められるお客様も増えております。
私もアロマテラピーを始めて、5年くらいになりますが、いまいち使い方が分からないとか身体につけても大丈夫なのとか名前と効能を必死に覚えたりしていましたが、、、!

けがをしたり火傷をしたり
寝つきが悪い時だったり
花粉症の悩みだったり
経験する中で、使い方を覚えていきました。

今ではなくてはならないものです。

好きな香りと手当てする香りは違ったりもしますが、難しく考えずお野菜や果物をとるのと同じ!バランス良くが大切です。

アロマテラピーの3つの基軸

1.不要な物の排出を助ける
2.病原菌排出
3.回復期のサポート

こんな時こそアロマでしっかり毒素を排泄し病原菌に負けない身体作りをスタートしましょう!

症状別セルフメディケーション

1.かゆみ ペパーミント、ラベンダーなど
2.咳 ティートリー、レモンなど
3.鼻づまり ユーカリラディアタ、ローズマリーなど
4.cure(浄化、排出、美肌) キャロットシード、グレープフルーツなど
5.カーム(片頭痛) イランイラン、パチュリなど

家庭の救急箱のようなアロマテラピー
是非、気になる症状にお役立てください。使用上の注意点、禁忌事項など詳しいことはセラピストまでお願い致します。

"自分に合うものを見つける楽しさがあります"

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。