Organic Column

香りで自分発見。香りを仕事に。「アロマフレグランスレッスン」「アロマフレグランスコーディネーター(AFC)」開発ストーリー(きっかけ編)

こんにちは。ベルヴィストFumieです。
フランス式アロマスクール、カリーナエッセンシャルカレッジ内外で、心・体・パートナーシップを満たし充実ライフを叶えるためのアロマテラピー提案をしております。
カリーナエッセンシャルカレッジでは、主にフランス式のメディカル・アロマテラピーをお伝えしながら、精油(エッセンシャルオイル)を日々の生活の中でメディカルに使用していく方法をお伝えしています。
さまざまな講座があるなかで、私は新たな試みとして、奥深いアロマ=香りの世界をビジネスのシーンで役立てる方法としての講座である「アロマフレグランスレッスン」「アロマフレグランスコーディネーター(以下AFC)」を開発する機会に恵まれました。
今の時代、女性が起業して一人でも自由に働く機会を作ることができる社会となってきています。
知識と情熱をもって、新しい世界を構築していきたい、そんな女性もたくさんいるのでは?
私もいつまでも社会に関わって、仕事をしていたいとの想いから、自分の特性を活かせる講座を作り、企業との仕事をしています。
独立支援を考えてらっしゃる女性の方に、背景をお伝えしたいとの思いから、、、この講座を作ろうと思ったきっかけや、想い、葛藤、受講生さまの声など、いろんな角度からアロマフレグランスの世界をお伝えしていけたらとペンを取りました。

「香りをビジネスの世界に取り入れたい」との声から講座開発へ

2019年くらいから、スクール内でのレッスンと並行して、企業様内での講演や香りを使った勉強会など、より「公」の場所でアロマテラピーを伝える活動が増え始めました。
そんな動きの中で、「アロマフレグランスレッスン」「AFC」講座を開発しようと決意したきっかけが2つありました。
1つは、SONY Bridge Terminal 内での講演。

そこで得たことは、自宅で出来る自然療法の選択肢の1つとしてアロマテラピーが求められていること、マインドフルネス※との相性が良いこと、でも肝心の使い方が分からなくて…という、ビジネスマン・ビジネスウーマン達の〈生の声〉に触れたことでした。

※マインドフルネス
今この瞬間の自身の精神状態に深く意識を向けること。またそのために行われる瞑想。2010年代半ば頃からストレス軽減や集中力の向上に役立つ心的技法と見なされ、特に欧米の企業を中心に社員研修などに取り入れる動きがある。 Weblio辞書 参照

「今まではアロマテラピーに興味がある方にお伝えしてきたけれど、私が考えている以上に多くの人が植物の力を求めていて、日常で使えるきっかけが欲しいと思っているんじゃないか?そんな人達にこそ植物の可能性を伝えていく必要があるのでは?」
もはや私がやらねば誰がやる?!という内側からふつふつと湧き出てくる使命感に駆り立てられ、もっとシンプルに、入りやすい形のアロマテラピーをつたえられる講座があったら…と考え始めるようになりました。

女性のためだけじゃない、香りだけじゃない、アロマテラピー

そのあとに続く出来事が、私の情熱スイッチを完全にONにしました。
企業研修の一環として、香りに特化した講座を開催した時です。
香りをツールにして、個々の個性を本能レベルで体感、考える前に感じる、深い他者理解を行い、そこで得たものを活用して今後のチームビルディングに活かす。
こんな目的を持つ講座でした。

講座内容(一部)
・人間の五感の一つである嗅覚を刺激するアプローチ法
・自分だけの調合をする過程で得られるアート思考体験
・香りという非言語コミュニケーション交流
・他者の価値観や個性を想像し感じるワーク
・新たな関係性作りのイノベーション
・自分は唯一無二の存在であることの再発見
 
当初「より自由な発想を出すためのアプローチ手法のひとつとして香りを使った何かをしたい、個々の強みが体感できる体験型講座を開催してほしい」という企業様からのニーズによって企画した講座でした。

男性の方が香りの魅力やロジックに心が動かされる傾向が

そして、実際に開催してみたら、想像以上のことが起こったんです。
講座では男女比率半々でしたが、講師サイドから見る限りでは、(女性は勿論なのですが)男性陣が、植物の香りや特徴に感動し、真剣に取り組んでいました。
 
正直、男性が香りに興味があるとはあまり考えておらず、「なぜだろう?」と不思議だったので質問をしたところ、こんな感想を頂きました。
・香りが、脳や神経にアプローチするロジック(理論)があることに感動(知らなかった)
・作った香水が「その人らしい」香りになる不思議(それが理論とつながるとは!)
・この香りを自分を知っていただくためのツールにしたい(名刺につけたい)

この感想を頂いたときに、「なんとなく良いではなく、理論がベースにあり科学的根拠がある世界だということを伝えれば、≪アロマテラピー=癒し、女性の分野≫と考えている男性にも響く学びなんだ!」と大きな気づきがありました。
同時に、アロマテラピーの可能性は、多くの方が知らないだけで、世界中に求められているテラピーだったのか…!ガーン!と後ろで雷が轟いた?!位の大きな気づきを得ました。
 
日々ストレスを抱えている人にこそ、植物の恵みを!
今までは、アロマテラピーに興味のある方々に関して発信してきましたが、本来、植物の恵みや知恵は、日々ストレスと付き合いながら生きる人間全員に必要です。

日本の現状は、まだまだアロマ=癒しの領域内にあります。
そこに対して、風穴をあける講座を作りたい。そして、より多くの人に、植物の持つ本来の香りを、精油(エッセンシャルオイル)の事を知ってもらい、日々の暮らしに役立ててもらいたい。
 
心の情熱スイッチが入った私は、今までのカリーナエッセンシャルカレッジにはなかった新たなジャンルの講座を作るべく、動き始めたのでした…
 
次回は、講座開発でぶつかった壁!どんなことに葛藤し悩んだのか、脳内会議の様子をお届けします。

Karina Premium Organics

心・体・パートナーシップを満たし充実ライフを叶えるためのアロマテラピー
・アロマフレグランスレッスン
・アロマフレグランスコーディネーター

講座詳細はこちら

Fumie

ベルヴィスト 歴7年
カリーナエッセンシャルカレッジ学長
オートクチュールアロマトレーナー
国際オートクチュールライフ協会認定講師
日本初のメディカルアロマリンパ専門サロン「Luna route」にてアロマコンシェルジュとして活動後、国際オートクチュールライフ協会認定講師として延べ300名にオートクチュールアロマ®メソッドをレクチャー
企業での講演会、社内ワークショップ、オーガニックイベントを企画
SNSでは自身のマタニティから産後ケアに実践したアロマテラピー等を発信
【アロマテラピーサロン】 なでしこsalon主宰

ベルヴィスト紹介ページ

関連記事一覧