フード

自然の味 いりこ (かたくちいわし 煮干し) 80g

OGF053
OGF053
OGF053
OGF053

酸化防止剤不使用 自然の味

お子様からお年寄りまでおつまみに、おやつに
魚が柔らかいので、そのまま美味しく召し上がれます。もちろんお料理にも最適。魚場限定の上物です。

 

いりこのパワー
■煮干しのカルシウム含量は牛乳の約20倍!
■血液をきれいにすることで知られるDHA、EPAなどの不飽和脂肪酸も豊富!

 

名称:煮干魚類
原材料名:かたくちいわし、食塩
原料生産地名:山陰沖産
内容量:80g
保存方法:直射日光、高温多湿を避け、常温で保管して下さい。開封後は冷蔵庫で保管し、お早めにご使用下さい。
注意:本製品で使用している魚はエビ、カニを食べています。

 

栄養成分表示 100gあたり
エネルギー 322kcal
タンパク質 64.5g
脂   質 6.2g
炭水化物  0.3g
食塩相当量 4.3g
カルシウム 2200mg
E P A    169mg
D H A   578mg

OGF053

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥600(税込)

数量  

■煮干しのカルシウム含量は牛乳の約20倍!
20~30代の人が1日に必要とされるカルシウム摂取量は、女性で600~700mg、男性で800~900mgといわれています。
身近な食品の牛乳コップ1杯(200ml)ですと、およそ230mgのカルシウムを摂ることができます。
煮干しのカルシウム含量は牛乳の約20倍といわれており、1日の食べる量の目安は15g~30g(いりこ20~30匹)です。

カルシウムと言えば、骨や歯を作る、心を落ち着かせるなどの働きがよく知られていますが、それ以外にも大きく影響します。
たとえば、カルシウムが足りなくなると、からだは骨からカルシウムを溶かし出し、溶け出したカルシウムが血管に入り、ホルモンなどの分泌の障害が起きたり、筋肉の動きに影響が出たりします。
カルシウムが骨から出続けると骨粗しょう症の発症や、動脈硬化や高血圧、アルツハイマーの原因にも繋がることがあります。

日本人は全世代でカルシウム摂取量が不足しています。
カルシウムは私たちの生命活動を行うために重要です。意識して摂取しましょう。

■血液をきれいにすることで知られるDHA、EPAなどの不飽和脂肪酸も豊富!
●EPA(エイコサペンタエン酸):動脈硬化や心筋梗塞を防ぐ。
●DHA(ドコサヘキサエン酸):血液中の脂質を低下、血糖の低下、抗血栓作用、また、記憶力の増強など。

DHAとEPAは、主に青魚の油に多く含まれる成分で、毎日の支える健康成分として知られていますが、実は、体内で十分につくることができません。
そのため、積極的に取り入れる必要があります。
摂取量の目標は、2つ合わせて1日あたり1g以上とされており、小型のイワシだと2尾を週3回程度食べる事が望ましいとされています。
いりこだと、少量で手軽にDHAとEPAの目標摂取量を美味しく摂取できます。

おやつとしてそのまま美味しく召し上がれます。
噛み応えのあるにぼしは、咀嚼回数が増えるので少量でも満腹感があり、小腹が減ったときにぴったりです。
食事の30分前がおススメです。食べ始めて15分程で満腹中枢が働き、空腹を和らげて食べ過ぎを防いでくれます。

関連商品