フード

薫のにんにくチップ

OGF046
OGF046
OGF046
OGF046

鹿児島産にんにくをスライスして乾燥させたにんにく商品です。
ステーキやサラダ、おつまみ、ラーメン、パスタ、炒めものなどに散らしてお召し上がりください。
一手間で見た目にも香りも栄養もアップ!
あると便利なにんにくチップスです。

栄養成分表示(100gあたり)
エネルギー 357kcal
たんぱく質 12.2g
脂質 0.9g
炭水化物 75.1g
食塩相当量 0.01g

商品名 薫のにんにくチップ
原材料 にんにく(鹿児島産)
内容量 30g
賞味期限 商品ラベルに記載

OGF046

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥360(税別)

数量  

にんにくは古代エジプトより、強壮作用や殺菌・抗菌作用の利用で食されてきたスーパーフードです!
近年、アメリカの国家研究プロジェクトであったデザイナーフーズでは、ニンニクが最上位に分類され、がん予防に最も効果的と言われている程です。

<にんにくのパワー>
・抗菌・殺菌作用を高める効能
ニンニクに含まれるアリシンは、生でいただいても加熱しても抗菌・殺菌作用があります。

期待できる効果
◆風邪・インフルエンザ予防 ◆胃潰瘍・十二指腸潰瘍予防 ◆食中毒予防 ◆便秘(下痢)予防・改善

・活性酸素を除く効能
ニンニクには、病気や老化の原因になる有害物質の活性酸素を除去する効能(抗酸化作用)があるといわれています。
アリシンやアホエンなどのイオウ化合物は、抗酸化作用があり、ニンニクにはそのイオウ化合物がたくさん含まれているのです。

期待できる効果
◆コレステロール抑制 ◆動脈硬化予防・改善 ◆肝機能改善 ◆がん予防・改善 ◆老化防止 ◆美肌
コレステロールの生成を抑制してくれるので、生活習慣病の予防にも期待できます。

薫のにんにくの美味しさの秘密

1、鹿児島県桜島の天然のミネラルを多く土
にんにくは、9月中旬に植え付け、翌年の6月上旬頃に収穫と、 土の中で過ごす時間が長く、1年に1度しか収穫できません!! その為、とにかくよく肥えた土を作るところからこだわりました。

鹿児島県は桜島や霧島連山といった活火山県で、桜島が噴火すると風向きによっては鹿児島県本土へも火山灰が降ってきます。日常生活と密接している火山灰は、水はけが良く天然のミネラルを多く含んでいます。
ミネラルには甘みや旨みを凝縮してくれる作用があり、その自然の恵みのミネラルをたっぷり吸収したにんにくは栄養価も高く体が喜ぶお野菜です!!

水はけのよい土を好むにんにくは、火山灰との相性も良く、更に薫農園の畑では最高のにんにくを生産する為に土壌診療を行い、畑の状況を分析しそれを踏まえ専門指導員の指導の下 自社オリジナルで配合した完熟たい肥をブレンドさせより良い栽培環境作りに努めています!!

2、鮎も住める綺麗な環境の水で栽培
鹿児島県は、平成の日本名水100に甲突池、唐船峡京田湧水、普現堂湧水源、ジョキョヌホーの4カ所も選定されています。県全般が豊富な水資源み恵まれ、霧島や指宿と温泉処でも良く知られています。
薫農園では、霧島地区の畑は万善川の水を使用し散水しています。又、谷山地区は慈眼寺の山水をタンクで汲み上げに行き畑に持ち帰り散水しています。
BOD水質調査では、0.5mg/L以下と鮎も住める綺麗な川であると認められている水です。

3、にんにくにとって寒暖差が好環境
鹿児島県のにんにくは、温暖地方ならではのお日様の光をサンサンと浴びて育ったにんにくです。南国のイメージのある鹿児島ですが、実は冬場は毎年積雪も観測され、氷点下0度を下回る日もあるのです。にんにくの生育は約8ヵ月かかり、苗を植えてから暖かく日照時間の長い日と、冬場の冷え込みをジッと土の中で過ごし梅雨に入る前に収穫します。寒中で過ごすことで、にんにくがグッと栄養分をため込み暖かい春を迎え一気に葉が伸び、かぶが大きくなりなりだします。この寒暖差は、にんにくにとってとても良い環境です。

4、安心安全
薫農園は鹿児島市と霧島市と広範囲にわたりにんにくやその他季節野菜の生産をしています。近隣の農業仲間とネットワークを常に組んで、情報交換をしたり親睦を深め一緒に鹿児島の美味しい野菜を皆様にお届け出来る様地域で一体となって生産しています。
薫農園は、生産者の顔が分かる商品として
責任を持って生産販売し、お客様へお届けしています。
又、子供達への食育にも力を入れ、食への興味関心、栄養の大切さを農業を通して楽しく学び感性を豊かに育てることにも努めています。自分で育て収穫した物を食べ、小さいうちから素材の美味しさを知っていることは、未来の子供達の大きな財産になります。

食べるラー油 200g

<食材>
玉ねぎ‥‥1/2個
小麦粉‥‥小さじ1~大さじ1
にんにくチップ
白煎りゴマ‥‥10g
鶏ガラスープの素‥‥小さじ1/2
一味唐辛子‥‥小さじ1/2
パプリカ(粉)‥‥大さじ1
コチジャン‥‥大さじ1
砂糖‥‥小さじ1
塩‥‥小さじ1/2

<揚げ油>
オリーブ油 100ml
ごま油   100ml
(玉ねぎを揚げるのに使い、そのうち120mlをラー油に使用)

<下準備>
フライドオニオンを作ります。
フライパンに揚げ油を入れ160度に温めます。
玉ねぎを薄くスライスして小麦粉をまぶして揚げます。
市販のものでも可

<作り方>
1.油と材料を合わせます。

!ここがポイント【少し冷ます】!
フライドオニオンを揚げたものを使用する場合、フライドオニオンを揚げた後火を止めて、少し冷さまします。
熱いうちに合わせると、油が飛び散って火傷するからです。揚げ油の量は120ml位残して調理に使用します。
オニオンを揚げない場合は、ごま油とオリーブオイルを60mlずつご用意ください。

2.一味唐辛子とパプリカを加えて混ぜる。
一味唐辛子は、お好みの辛さに調整してください。ご紹介しているレシピは、あまり辛くならないようにしています。小さじ1杯ほど入れるとパンチのある辛さになします。
3.鶏ガラスープの素、砂糖、塩、コチジャンなどの調味料を加えて混ぜる。
4.煎りゴマ、フライドオニオン、にんにくチップを加えて混ぜ、そのまま冷まします。
にんにくチップは手で軽く砕いてから使用すると食べやすくなり増す。

5.【完成・保存】
冷めたら容器に移して、冷蔵庫で保存する。2週間は冷蔵保存できます

ぜひお試しください

関連商品

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。